• 中国のバイクは家電的

    中国については日本から近く、直行便もけっこう出ている地区です。
    ビジネスの関係で中国へ行く機会があるといった人も多いことでしょう。
    海外進出で最近でこそ、東南アジアが多くみられますがそもそもは中国からスタートしたという企業は少なくありません。
    中国ですが14億という人口を抱える国家となっており、労働力も豊富そして人件費が安いといったことが特徴でした。
    しかし中国も経済成長を遂げ物価が上昇しており、人件費が安いといったことは該当しにくくなってきています。
    中国の経済発展については、町並みをみればそれこそわかりやすいことと思います。
    高層マンションの建設や車、バイクなどが多数みられます。
    一昔前に人力車や自転車を乗る人々がたくさん移った映像などがガイドブックに使われていましたが、それはもうとっくに昔の話です。
    特に北京や上海といった都市では、日本に負けないくらい都会となっています。
    とはいえ、車を持てるのは裕福層のみとなっており、庶民の足はまだまだバイクです。
    中国のバイクですが、電気製品となっているのも特徴です。
    中国ではバイクについて電気で充電できるタイプを活用している様子が伺えます。
    日本ではちょっとみられないタイプのバイクとなっています。